1. HOME
  2. 商品から選ぶ
  3. 機能から選ぶ
  4. 植物由来のプラスチック 《バイオマスポリエチレン》を使用のレジ袋

機能から選ぶ

Function

機能から選ぶ

植物由来のプラスチック
《バイオマスポリエチレン》を使用のレジ袋

福助工業株式会社

サトウキビから作られた植物由来のプラスチック《バイオマスポリエチレン》を使用したレジ袋『ニュー環境バッグ』『バイオリユースバッグ』は、従来のポリエチレンのレジ袋に変わり使用することで石油資源を節約し、 CO2を循環させる事でCO2排出量削減する事ができます。 また、環境にやさしいプラスチック製品でありながら、石油由来のポリエチレンのレジ袋と同等の品質を持つ製品です。

オンラインストア


植物由来の樹脂《バイオマスポリエチレン》について

原料について

植物であるサトウキビから砂糖を作ると、副生成物として「廃糖蜜」ができます。バイオマスポリエチレンは、その「廃糖蜜」を原料にしているため、原料として石油資源を必要としません。このため、バイオマスポリエチレンを使用した製品の使用は、石油資源の節約につながります。

CO2の循環について

植物は、大気中のCO2を成長過程で光合成によって吸収します。この植物を原料とした製品を焼却処分する際に排出されるCO2が原料となる植物が吸収した量と同じであれば、結果的に大気中のCO2増減に影響を与えていないことになります。このような性質は「カーボンニュートラル」と呼ばれています。植物由来のバイオマスポリエチレンは、従来の石油由来のプラスチックのようにCO2を一方向に排出せず、循環させるため、バイオマスポリエチレンを使用した製品の使用は、CO2排出量削減につながります。

福助工業のレジ袋『ニュー環境バッグ』『バイオリユースバッグ』に使用されているバイオマスポリエチレンは、石油由来のポリエチレンと同じ組成で、物性や加工性も同等の品質です。これにより、従来のポリエチレンのレジ袋と同様に扱うことが可能になりました。

 

バイオマスポリエチレン高配合の製品

当サイトで取り扱っている『バイオリユースバッグ』は原料にバイオマスポリエチレンを25%以上配合したフィルムから作られており、日本バイオプラスチック協会(JBPA)が定める「バイオマスプラ」認証の製品です。
(登録No.153は福助工業株式会社の登録番号になります)
『バイオリユースバッグ』は2020年7月からのレジ袋有料化対象外の商品です。

 

ONLINE STORE オンラインストア

この商品についてのお問い合わせ

この商品にご興味のある方は下記「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。
お問い合わせには会員登録が必要となります。非会員の方は会員登録をお願い致します。